【ジュエリーリフォーム相談会】壊れたジュエリーの修理、古くて使いにくいデザインのリフォームを徹底解説

ジュエリーって、特別な日に贈られたり、大切な日に身に付けたりするもの。

ご主人からもらった婚約指輪、母から受け継いだ形見分けのペンダント、若かりし頃に購入したブローチなど、そのジュエリーを見るだけで懐かしい思い出が蘇ってきますよね。

でも、そのデザインが古かったり、服に引っかかったり、サイズが合わなかったり、変形や変色、壊れていれば、タンスの中にしまいっぱなしの方が多いと思います。

この記事では、熟練の職人による「ジュエリーのリペア&リフォーム相談会」をご紹介しています。えり正神戸店と福山店にて開催されますので、ピンと来た方はぜひ相談会にご来場ください。

ジュエリーの修理・お直しとは

大好きなジュエリーほど使う頻度が高いため、金属や宝石部分に小傷や変形、変色など、新品の状態から劣化していると思います。でも、ご安心ください。宝石や貴金属は、熟練の職人の技術と知識があれば、思いのほか簡単にキレイになります。

高価なジュエリーであれば、ネットにある「自分でできる修理・お直し」は避けて、プロのジュエラーや職人がいるお店に相談しましょう。それでは、熟練の職人が行う修理やお直しについて解説していまいります。

新品仕上げ加工

ジュエリー新品加工

指輪は細かい傷やくすみによって輝きが失われます。貴金属や宝石の性質を見極めながら、超音波洗浄による汚れ落とし、バフやリューターによる小傷おとしを、職人が一つ一つ手作業で行います。宝石の裏に付着した長年の汚れを取り除くだけでなく、くすみの原因となる小傷は表面を研磨し、深い傷であれば埋めて補修を行います。

ロジウムコーティング

ホワイトゴールドのジュエリーは、通常、ゴールド素材にロジウムコーティングが施されています。長年使用していると、メッキが剥がれてシャンパンゴールド色の下地が露出してきます。表面研磨した後、再びロジウムコーティングを行うことで、美しく艶のあるジュエリーに元通りです。

なお、ロジウムは汗に強く、金属アレルギーの心配はほとんどないといわれています。

貴金属の変色直し

ジュエリーの変色直し

ゴールドは、シルバーや真鍮より強く、錆びにくい性質を持っているので、比較的メンテナンスがお手軽な素材です。しかし、K18(18金)であれば75%が純金で、25%は銀や銅などが入っており、その割金素材が皮脂や汗、化粧品と化学反応が起きて、変色や黒ずみを発生させてしまいます。

変色直しはプロに依頼しましょう

ネットでは自分でできる変色直しの記事がたくさん出ています。しかし、高価なジュエリーの場合、宝石を修復不可能なレベルまで傷めてしまう可能性もありますので、変色直しはプロに相談しましょう。

自分でできるケア

着用後に眼鏡用クロスなどの柔らかい布で、やさしく拭いてあげればOKです。ほこりや汗、皮脂、汗などの汚れが取れて、酸化や硫化による変色を防ぐことができます。研磨剤や歯磨き粉は使わないほうがよいでしょう。

リングのサイズ直し

リングサイズ直し

リングのサイズ直しは最もオーソドックスなリペア、サイズ伸ばす加工と縮める加工ができます。

サイズ伸ばしは、リングを糸鋸で切って、広げて、地金を足してロウ付けします。これは地金を叩いて広げないのでリングの厚さが薄くなりません。サイズを縮める場合は、腕の2か所を切って取り除いて、ロウ付けをします。最後に、ロウ付けした部分を整えて、バフでキレイに仕上げます。

リングの変形直し

リング変形

貴金属は硬くて壊れないイメージがありますが意外と繊細。

リングをぶつけたり、落としたり、重い荷物を持ったり、ハンドルを強く握りしめたり、強い拍手をするなど、ちょっとした拍子で変形するがあります。

リングを変形したまま付けていると、さらに歪んで指を痛めてしまったり、指から抜けなくなるとリングを切断することもあります。

歪んだリングは爪がゆるんで宝石がとれやすくなります。気づかないうちに、小さなメレダイヤモンドが取れて紛失することも珍しくないので変形には要注意です。

石留め修理・ゆるみ直し

宝石ゆるみ直し

ジュエリーは使用していると、宝石を支え留めている爪が変形し、緩くなることがあります。宝石を紛失したり、宝石を傷つけないためにも、定期的な点検、早めの爪の修復作業、宝石の留め直しが大切です。

もし紛失された場合は、同じグレードのダイヤモンド等を用意して石留めもできます。

チェーン切れ直し

チェーン切れ直し

丸カン・Cカンが外れた場合

チェーンと引き輪をつなぐ丸い輪のことを環(カン)といいます。その形状により丸カン、Cカンといいます。このカンの役割は、何かに引っかかったチェーンが首を絞めないように、ある程度の圧力がかかると外れる仕組みになっています。カンが外れた場合はカンを閉じるまたは部品交換をお願いしましょう。

チェーンが切れた場合

途中で切れてしまった場合、ロウ付けあるいはレーザー溶接で接着できます。

ロウ付けは古くからの技術で、金属に合わせたロウ材を熱で溶かして接着します。切断面全体をロウ材でしっかりと接着するので強度が高いのもメリットです。反対にデメリットは、高熱を加えるため、熱に弱い宝石が近くにあると修理できません。

レーザー溶接は、修理部分に直接レーザーを照射して接着します。メリットは、熱くなる部分が小さいため、熱に弱い宝石が付いたジュエリーでも修理しやすく、複雑なデザインでも修理が可能です。デメリットは、特殊な設備が必要になるために、ロウ付けより少し割高になってしまいます。

ジュエリーのリフォーム実績

ジュエリーのセミオーダーメイド

えり正は、日本一の加工実績、70万点を誇る職人集団の会社と提携しています。

ここは20年連続でジュエリーベストドレッサー賞の受賞作品を制作し、毎年、有名女優たちに素敵な作品をご提供しておられ、技術力とその丁寧な手作業に定評があります。

思い出のジュエリー、形見分けのジュエリーをどのようにリフォームするのか、実例を元にご紹介していきます。

リモデルカウンセラー

ジュエリーのリフォームは販売よりもずっと難しいため、きちんと専門知識を持ったプロに相談しましょう。ジュエリーの製造に詳しい職人さんだったり、(一社)日本リ・ジュエリー協議会公認のリモデルカウンセラーだったり、リフォームに特化しているお店を頼ることをおすすめします。

ジュエリーのリフォーム工程

  1. 予約の上、リフォーム希望のパールジュエリーを店舗に持参します。
  2. リモデルカウンセラーとデザインのご相談をしていただきます。
  3. サンプル枠からデザインを決めていただきます。
  4. お見積りを出させていただきます。
  5. デザインやお見積り額に問題がないことを確認した上でご契約となります。
  6. 日本国内の熟練職人が真心を込めて手作りいたします。
  7. 約2ヶ月後、お預かりしたパールジュエリーか新しく生まれ変わります。
  8. ご来店の上、お客様にリフォームしたパールジュエリーをお渡しいたします。

ダイヤモンドの魅力とは

ダイヤモンドジュエリーのリフォーム

ダイヤモンドは4月の誕生石です。石言葉には「永遠の絆」「純潔」「不屈」などがあり、古くからお守りと用いられてきました。また、富や名声、運を引き寄せる強い力を持った宝石とされています。

ダイヤの価値

ダイヤモンドの品質と価値は、カラット(重さ)・カット(輝き)・カラー(色)・クラリティ(透明度)の4つで決まります。重さや色は個人の好みで価値は変わりますが、ダイヤの魅力はなんといっても「輝き」と「透明度」だと思います。そのキラキラする光と、カラフルな虹色の光を持つダイヤを見ると、やはり最高の宝石の一つだと思います。

ダイヤのメンテナンス

ダイヤは親油性が高く、皮脂や汗、化粧品などの油分を吸着しやすい宝石です。そのため、身につけるとダイヤの表面が汚れ、油分により輝きが失われてしまいます。ダイヤの輝きを取り戻すには、中性洗剤をぬるま湯に混ぜて溶かし、手あるいは柔らかいブラシで優しく洗いましょう。硬いブラシでこすり過ぎると貴金属を傷めるためNGです。

ダイヤモンドジュエリーのリフォーム

立て爪タイプ

立て爪・箱爪リフォーム

立て爪は昭和40年代に流行り、今ではちょっと時代遅れ感のあるデザインです。婚約指輪に多いデザインのため、母や祖母にとって思い出が詰まったジュエリーだと思います。

光がよく入ってキレイに見えますが、次の理由から、ジュエリーリフォーム業の中で最も多いご相談になります。

  • 爪ばかり目立って気に入らない
  • 衣服に引っかかりやすい
  • 周りから仰々しく見られる
  • あらたまった席に参列する機会が減った
  • 宝石の品質が良いのでもったいない
  • 娘や孫とシェアしたい/譲りたい

使いづらいデザインである反面、中石に高品質な宝石を使用されていることが多く、素晴らしいジュエリーに生まれ変わります。

普段から使えるように、ダイヤモンドを低くセットし小さな爪で留めるリングにしたり、あるいは、母と娘でシェアできるように、サイズ感のないペンダントへのリフォームが大変人気があります。

一文字タイプ

一文字リングのリフォーム

一文字も昭和に大変流行したデザインで、こちらも多くのリフォーム相談が寄せられます。

デザインが古く、爪が衣服にひっかかるため使いづらい形状なのですが、ダイヤモンドが5粒から7粒とたくさん付いているので、素敵なリフォーム提案ができますよ。

伏せ込みにして引っかからなくしたり、スイングタイプのペンダントにしたり、配置を変えて花のデザインにしたり、石が小さければピアスにしたりと様々な加工ができます。

ダイヤ取り巻きタイプ

ダイヤ取り巻きリング

宝石の周りにダイヤモンドを取り巻いたゴージャスなタイプもリフォームに人気です。改まった席が減った方、普段使いを楽しみたい方、バブル世代のお子様たちからご相談をよく受けています。

高価なダイヤモンドを脇石にたくさん配置していることから、中石の宝石がそれだけ高価なもの、高品質なものだと分かります。

その中石と脇石を使用してリフォームするのはもちろん可能ですし、さらに、中石だけでリフォームを行い、余った脇石でもう1〜2点の新たなジュエリーを制作することも可能です。

ダイヤモンド以外のリフォーム

天地左右タイプ

天地左右タイプのリング

オパール、翡翠、宝石珊瑚などは柔らかい宝石。よく動く手に付けるリングからペンダントへのリフォームが人気です。

指に大きな石が付いていると邪魔ですし、物に当たって、柔らかい宝石だと小傷が増えて色がくすんでしまいます。リフォームする場合は表面研磨によりキレイにした後、デザイン性豊かなジュエリーへと生まれ変わります。

サンゴ・パール

サンゴ・パールリングのリフォーム

パール

大きな宝石は重くて、指でぐるぐる回ってしまうため、パールリングからペンダントへのリフォームが増えています。

昔の真珠、とくにリングに使用されている真珠は、しっかりと緻密に厚く巻かれているなど、高品質な真珠である可能性が高いです。真珠の変色は元通りに戻せませんが、テリはリフレッシャーで回復させることができます。

宝石サンゴ

宝石サンゴは真珠などと同じ有機物の宝石です。サンゴ礁の造礁サンゴとはまったく別の生き物です。古くから日本近海でとれる赤サンゴは世界で最高品質と評され、とくに中国で希少価値の高い宝石として取引されています。

近年は宝石サンゴの採集が難しくなり、その価値がますます高まっています。しかし、日本全国のタンスには、サンゴジュエリーだけでなく、帯留やかんざしの形で眠っていることも多く、宝石サンゴを今風なペンダントやブローチにリフォームされる方が増えています。

パールメンテナンス

えり正は真珠と呉服の専門店。手先の器用なスタッフたちが、真珠のメンテナンス技術を高めてきました。

糸替え・長さ調整

パールネックレス糸替え

結婚式やお葬式で糸が切れたら大変

パールネックレスを通す糸が伸びていたり、ワイヤーが曲がっていると、切れやすい状態といえます。絹糸やワイヤーは湿気や汗、汚れで劣化しやすく、それが原因で葬式会場でネックレスが切れた場合、真珠を拾い集めて恥をかくことがあります、5年に1度は糸の状態を点検し、GPTなど切れにくい糸に替えてもらいましょう。

フォーマルに最適な長さに調整

ネックレスには、女性の首元を美しく見せる長さがあります。あなたの体型に合わせて、長すぎず短すぎず、冠婚葬祭やパーティなどのフォーマルにふさわしいTPOの長さに調整してもらいましょう。

ネックレスの留具交換

パールネックレスの留具・クラスプ交換

留めが緩くなった古い留具は、落として紛失する原因です。様々な留具をご用意していますので、お気軽にご相談ください

首の後ろでパッと留められますか?

滑らかな曲線とシンメトリーの美しいデザインのクラスプ(留具)が誕生。マグネットによる簡単着脱、カチッとした心地よい感覚でホールドし、かつてない装着感を実現しました。

9.2kgの重さに耐えられる強度設計です。種類はパールネックレス用とチェーン用、色はゴールドとシルバーをご用意しています。

パールリフレッシュ加工

パールリフレッシュ加工

長期間汚れを放置すると真珠の表層が溶解し、凸凹ができてテリが失われます。えり正には、これをマイクロ研磨で正常な状態に戻し、本来のテリに回復させるメンテナンス技術があります。

人間の汗や脂は弱酸性のため、パールの着用後に拭かずに長期間放置してしまうと、パールの表層を溶かして凸凹になります。すると、光の反射や屈折がうまくいかなくなり、パールが曇って見えるのです。

良質なパールは真珠層が1000層以上重なっていますので、玉ねぎのように凸凹になった古い表層を一皮剥けば、テリがキレイに回復する可能性があります。

余った貫通珠リフォーム

余り珠リフォーム

パールネックレスを短くすると真珠の余り珠が出てきます。ネックレスに通す真珠は、二か所の穴が開いていて、その穴が貫通している真珠を、両穴珠あるいは貫通珠といいます。

一般的に貫通珠は、リングやイヤリングは片穴しか塞げないためリフォームには不向きです。しかし、片穴を金やダイヤモンドで塞ぐ加工を用いることで、新しくピアスやネックレスに生まれ変わらせることができます。

金プラチナ・洋酒の現金買取

金を売り、プラチナを買うチャンス

金プラチナ買取

下取りの地金が多いとリフォーム代金がお安くなります。最近では、金の相場上昇率が非常に高い反面、プラチナは金に比べてゆるやかです。地球上に存在するプラチナは金の半分と言われており、さらに工業製品としてもプラチナの方が需要があとされています。

にもかかわらず、投資家により相場が歪んでいる現状です。金よりプラチナを好む日本人としては、ゴールドのジュエリーを売却し、プラチナジュエリーにリフォームするチャンスといえます。(職人相談会期間のみ)

ウィスキー・ブランデーの現金買取

ウィスキー・ブランデー買取り

えり正では、世界各国のウイスキーとブランデーを高価買取させて頂きます。古い洋酒も開封されていなければ、高価格での買取りいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。当店舗にご来店いただき、その場で査定・買取させて頂きます。(要予約)

期間限定のご来場特典

新品仕上げ加工無料

ジュエリー新品加工

チラシに掲載した「職人相談会」の期間中に限り、20点までのジュエリー無料でを新品仕上げさせていただきます。目の前で職人がすぐ加工してくれるので、早くて、便利で。安心です。職人の目利きにより、本物かどうか価値があるかどうかの仕分けのお手伝いが大変お喜びいただいています。

パールモイストシャンプー

パールエクスのシャンプートリートメント

真珠エキスやオーガニックアルガンオイル、コラーゲンなどの美容成分を贅沢を配合し、髪はもちろんのこと地肌までしっとり保湿できます。日頃の感謝を込めて、事前にご予約いただけたお客さまに限り、通常価格2,420円(税込)のパーリーモイストシャンプーをプレゼントします。

■パーリーモイストシャンプーの通販ページ

ジュエリー職人特別相談会〈開催概要〉

ご来店は事前予約をお願いしてます。なお、先着順のためご予約はお断りする場合がございます。

福山店の日程

  • 〈日程〉2022.7/27(水) – 28(木)
  • 〈時間〉①9:30~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:30~ ⑤16:30~ ⑥18:00~
  • 〈場所〉えり正 福山店
  • 〈住所〉広島県福山市川口町2丁目10-47
  • 〈TEL〉084-999-0001
  • 〈要予約〉https://www.erishow.com/contact/

神戸店の日程

  • 〈日程〉2022.7/30(土) – 8/1(月)
  • 〈時間〉①9:30~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:30~ ⑤16:30~ ⑥18:00~
  • 〈場所〉えり正 神戸店 2階
  • 〈住所〉兵庫県神戸市北区緑町7丁目20-10
  • 〈TEL〉078-581-0001
  • 〈要予約〉https://www.erishow.com/contact/

チラシ

ジュエリーリフォーム相談

※福山店は、開催日程や住所等が上記の神戸店とは違いますのでご注意ください。