【結婚式のパールネックレス】花嫁・親族・ゲストの立場ごとのフォーマルな装いマナーをご紹介

結婚式のフォーマルなアクセサリーといえばパールネックレス。ひとつぶ、ひとつぶが、喜びの涙を表す真珠は、お祝いの気持ちを表現し、その深い虹色の輝きで身につける人の美しさを引き立ててくれます。

パールネックレスには様々な種類があり、花嫁・親族・ゲストなど様々な立場があります。どんなパールネックレスが結婚式にふさわしいのでしょうか?今回は、結婚式で身につけるパールネックレスのマナーについてご紹介します。

結婚式でのパールネックレスのマナー

パールネックレス選び

結婚式の装いにはマナーがつきもの。パールネックレスのマナーをチェックしておきましょう。

パールネックレスは短いほどフォーマル

結婚式に着けていくパールネックレスの長さに決まりはありませんが、パールネックレスは短いほどフォーマルとされています。最も格式が高いのは鎖骨に沿う40cm~45cmほどの長さで、清楚で上品な印象になります。

胸元にかかるくらいの50cm~60cmのパールネックレスは上半身に上品な華やかさをプラスしてくれます。体の中心ほどまでのロングタイプは更に華やかでドレッシーな印象に。

ロングのパールネックレスは二連・三連にして使うなどのアレンジができるのも魅力です。

パールネックレスの粒の大きさは7~8.5mmが一般的

パールネックレスは直径7~8.5mmのものが一般的で、体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。このサイズで一連のパールネックレスならどんなシーンでも使うことができます。粒は小さければ可憐な印象に、大きければゴージャスな雰囲気になります。

結婚式にお呼ばれしたときには、主役である花嫁よりも派手にならないよう、あまり大きな粒のパールネックレスは控えていただき、ご自身の体型に合ったパールをお選びください。

結婚式のパールネックレスはアコヤ真珠orシロチョウ真珠

結婚式などお祝いの席で使用するパールは、形は丸、色は白色がフォーマルとされています。カジュアルな披露宴やパーティーならカラーパールもOKです。

ただしブラックパールはお葬式を連想する人も多いので避けた方が良いでしょう。フェイクパールは相手に偽りの気持ちを連想させるためNGです。真珠には様々な種類がありますが、上品な輝きを持つアコヤ真珠かシロチョウ真珠のパールネックレスがおすすめです。

結婚式で親族が身につけるパールネックレスのマナー

親族のパールネックレスとは

親族の立場で結婚式に参加する場合には、おもてなしの心を表す、格の高い上品なパールネックレスがおすすめです。

親族はおもてなしの立場

親族はゲストをもてなす立場であることから、格式の高い、上品で落ち着いた装いをするのが一般的です。装いというのは自分のためだけではなく相手のためにするものでもありますよね。

訪問先で素敵な装いをした人たちに出迎えてもらえたら、やっぱり嬉しい気持ちになります。結婚式は、大切な人たちのために装うことの素晴らしさを教えてくれるように思います。親族として、新郎新婦の大切なゲストに喜んでもらえるよう、きちんとした装いで参加したいものです。

結婚式で気持ちを伝えてくれるパールネックレス

我が子の結婚式。それは人生の中でも大きく心動かされる出来事のひとつでしょう。親戚の子や兄弟姉妹の結婚式も、忘れられない出来事に違いありません。

小さな小さな赤ちゃんだった我が子が、甥・姪が、毎日一緒に過ごすのが当り前だった兄弟姉妹が、自分たちと過ごしてきた時間よりも長い人生を共に歩むパートナーとの生活をスタートするのです。

嬉しい気持ち、淋しい気持ち、誇らしい気持ち…さまざまな思いがあふれることでしょう。パールネックレスはそんな言葉にできない喜びの気持ちを表現してくれます。

親族のパールネックレスはショート丈がおすすめ

両親は親族の代表でもありますし、新郎新婦と最も近い間柄ですので最も格式の高い「正礼装」で参加します。兄弟姉妹は両親より控えめな「正礼装」や「準礼装」、おじ、おば、いとこは「準礼装」が一般的で、両親や兄弟より目立つコーデは避けるようにします。

親族が身につけるパールネックレスは服装と合わせて格式の高い短めのものがおすすめです。

お呼ばれゲストが身につけるパールネックレスのマナー

結婚式ゲストのパールネックレス

結婚式にお呼ばれしたら、お祝いの気持ちを込めてぜひパールネックレスを身につけていきましょう。

白色のパールネックレスはマナー違反?

結婚式にお呼ばれしたら、会場に華を添えることができるような素敵な装いでお祝いしたいですよね。洋装の場合にはお祝いの気持ちを込めてぜひパールネックレスをつけましょう。

白は花嫁の色ということで、ゲストは白色の装いを避けるのがマナーですが、パールは白を着用してもマナー違反にはなりません。お葬式ではマナー違反となる二連・三連のパールネックレスも結婚式では「喜びが重なる」という意味合いになるのでOKです。

ゲストのパールネックレスは花嫁より控えめなものを

お呼ばれゲストの結婚式コーデは、式の主役である新郎新婦はもちろんのこと、親族よりも格が高くならないようにすることが大切です。パールネックレスであればどんな長さでも基本的には大丈夫です。でも、ダイヤモンドがたくさん使われたデザインなど新婦よりも目立ってしまう派手なネックレスは避けましょう。

ゲストの装いというのは自分が目立つためではなく、あくまでもお祝いの心を表すもの、会場に華を添えるためのものなのです。

お呼ばれゲストにおすすめのパールネックレス

ゲストとして参加する結婚式のパールネックレスは、派手すぎず、上品さを感じられる華やかなものにしたいですね。パールネックレスには様々なデザインがありますので、コーデ全体のバランスを確認しながら選びましょう。

華やかなドレスには一連のシンプルなパールネックレスが映えそうです。衿ぐりが広めのドレスには二連や三連のパールネックレスで胸元を飾るのも素敵ですね。シンプルなドレスに真珠一粒のパールネックレスを合わせれば洗練された大人のスタイルになりそうです。

結婚式で花嫁が身につけるパールネックレスのマナー

花嫁のパールネックレス

パールックレスは結婚式の主役である花嫁の装いにも欠かせないアイテムです。

パールは花嫁にぴったりの宝石

宝石は古くから神秘的な力を持つものとされており、「石言葉」は宝石それぞれに込められた意味や祈りを表しています。パールの石言葉は「円満」「完成」「健康」「純潔」「長寿」「富」。

層が幾重にも重なることで奥深い虹色の輝きを持つパールは、美しさを象徴する宝石でもあります。また、真珠は母貝の中に取り込まれた異物を核として作られることから、子宝や冨を象徴するとも言われており、古くから縁結びや結婚、妊娠、安産や子育てのお守りとして使われてきたそうです。

パールは花嫁にぴったりの力を持つ宝石なのです。

花嫁の美しさを引き立てるパールネックレス

花嫁は結婚式の主役であると同時にゲストをもてなす立場でもあります。出席してくれたゲストへの感謝の気持ちを込めて、美しく装いたいですね。花嫁の清らかさと美しさを引き立ててくれるのがパールネックレスです。

シンプルな一連のパールネックレスは花嫁にもぴったり。格式の高い上品な印象となり、シンプル故に美しさが際立つ装いになるでしょう。カジュアルな式や披露宴、二次会では存在感のある大粒のパールネックレスで華やかな雰囲気に仕上げるのもいいですね。

結婚とは大きな覚悟です。貝の中で美しい宝石へと成長するパールの強さが、花嫁の新たな一歩の見方になってくれるでしょう。

結婚式を機にパールネックレスを揃えよう

結婚すると家族が倍に増えるうえ、子どもが産まれてからはお宮参り、七五三、入学式、卒業式、成人式、などの行事が目白押しです。どんなシーンでも使えるパールネックレスを、結婚式を機に揃えておくと良いでしょう。

慶事にも弔事にも使える質の良いパールネックレスは、喜びの涙、悲しみの涙を分け合いながら生涯使う礼装です。何十年と使うものですから、美しさが長持ちする品質で、メンテナンスがしっかりしている商品を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、結婚式でのパールネックレスについて、親族、ゲスト、花嫁それぞれの立場ごとのマナーについてご紹介しました。パールは「嬉しい涙」を表すジュエリーです。人生の大きな晴れ舞台である結婚式では、お祝いの気持ちを込めてそれぞれの立場に合ったパールネックレスを身につけたいですね。

えり正店舗

■「えり正のパールネックレス」についてはこちら。
https://www.erishow.com/akoya-pearl/
■ お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。
https://www.erishow.com/contact/

【えり正 神戸店】
〒651-1221 兵庫県神戸市北区緑町7-20-10
10:00~18:00 火曜・水曜定休
TEL 078-581-0001

【えり正 福山店】
〒720-0822 福山市川口町2丁目10−47
10:00~18:00 火曜・水曜定休
TEL 084-999-0001