【葬式のアクセサリー】葬式・通夜につける「黒真珠・グレーパール」の年齢、パールネックレスの種類は?

「葬式」や「通夜」は、大切な人との最後のお別れの場所です。そのため、喪家の立場であってもまた参列者の立場であっても、できるかぎり失礼のないように、故人の心に沿うように振る舞いたいと考える人も多いことでしょう。

そんな思いやりの心が強い人にとって、弔事で「身に着けるアクセサリーのマナー」「服装のマナー」は非常に気になるところです。

ここでは特に弔事で「身に着けるアクセサリー」に注目し、「葬式・通夜のときに身に着けるアクセサリー」「葬式・通夜のときに着ける真珠はどのようなものか」「真珠のアクセサリーを着けて行ってはいけない葬式・通夜はあるのか」を取り上げます。

大切な人とのお別れのときに用いるアクセサリーについて知ることは、故人とご遺族によりそうことにもつながります。いつか来る「その日」のために、今のうちにしっかりと用意をしておきたいものですね。

「関連ページ」
葬式・通夜のグレー・黒蝶真珠の購入

葬式・通夜・法事にふさわしいアクセサリーってどんなの?

アコヤパールネックレスと水晶の数珠を帛紗の上に置いている

葬式や通夜のときにつけても良いとされているアクセサリーは、「結婚指輪」「真珠」に限られます(ただし時計に関しては実用品であるので、シンプルで落ち着いたデザインのものならば許容されます)。殺生を連想させる革製品も極力少なくしましょう(上記と同様に、靴や鞄は実用品のためOKとされています)

これは、喪家の立場であっても参列者の立場であっても変わりありません。

弔事の席は、ファッションセンスを競う場所ではありません。そのため、華美に見えるアクセサリーは慎み、最低限のものだけにとどめますが、真珠を身に付けたほうが良い理由をご説明していきます。

「真珠ならば何でも良い」は間違い!葬式にふさわしい真珠とは

黒蝶真珠のネックレスをケースで保存している

ここからは、

  • 葬式や通夜にふさわしい真珠の色
  • 真珠のアクセサリーのデザインと長さ、大きさ
  • ネックレス以外の真珠のアクセサリー

について解説していきます。

葬式の席に着けていく真珠の色は、白真珠?グレーパール?黒真珠?

上記では「真珠ならば、葬式や通夜の席につけたほうが良い」としました。結婚指輪はともかく、なぜほかの宝石が許されないのに真珠だけは推奨されるのでしょうか。

これは、真珠が「月の涙」を表すといわれている宝石だからです。真珠は、故人とのお別れを悲しむ人の涙の粒とされているため、葬式や通夜の席に着けていくことが推奨されるようになりました。

慶弔両用のアコヤパールネックレス(ホワイト)

アコヤ真珠のネックレスを首元に付けている女性

ホワイトのパールネックレスは結婚式などの慶事、葬式などの弔事の両方にふさわしい略礼装とされています。そのため制服で式に参列できなくなる高校の卒業式、社会的責任を背負う新成人や新社会人のお祝いとして人気の贈り物です。また、「これからは結婚式などに出ることの方が多い」という世代、冠婚葬祭用のパールネックレスはまだ何も持っていない方は、まず白のパールネックレスからご用意をおすすめします。

弔事用のグレーパールネックレス

グレーパールネックレスを葬式につけている女性

女性の厄年である33歳や37歳を機に、慶事用にホワイトと弔事用にグレーパールと使い分けされる方がとても増えましたね。日本では娘の厄除けに「長いもの」を贈る風習があり、真珠は古くから魔除けとして重宝されてきたため、33と37の厄除けに人気があります。

また、33〜37歳の女性は、母親として上司として責任ある立場となり、慶事と弔事のメリハリをしっかり付けようと意識が強くなる年代でもあるようです。

弔事用の黒蝶パールネックレス

葬式で黒蝶パールネックレスをつけている女性

真珠は、年齢とともに髪や肌の質感によって、似合う真珠の色が変化していきます。また、年齢を重ねていくと、家族との喜びと思い出を連ねていく慶事用と、故人を偲び故人とともに過ごした思い出を連ねていく弔事用で、装飾品を切り替えたいと考えるようになることもあるでしょう。

このため人生の折々のタイミングで、真珠と向き合って「年齢」により適したものを揃えていくのもおすすめです。

「これからは人をお見送りする立場になることも多いだろうし、落ち着いた色を選びたい」ということであれば、黒蝶真珠を求めるのが良いかと思われます。

黒蝶真珠は他の真珠と比べて、真珠層の巻きがしっかりしているので長持ちするため、ゆくゆくは娘や孫に譲るつもりで購入されるため、大変人気のあるパールネックレスです。

葬式・通夜・法事に最適なパールネックレスとは

葬式や通夜、法事でもパールネックレスならば推奨されますが、「パールネックレスならばどんなデザインでも良い」というわけではありません。弔事の席には、弔事の席に相応しいデザインがあります。

パールネックレスのデザイン

まず、二連になったデザインのネックレスは避けます。これは「悲しみが重なる」「また葬儀が起きる」ということを連想させるため、葬式や通夜では使ってはいけません。葬式・通夜の挨拶では重ね言葉(「またまた」「再び」など)を避けるのがマナーですが、この考え方は身に着けるアクセサリーにも適用されているのです。

なお、ネックレスの場合は基本的には粒が連なったものを選びます。葬式では金属系のアクセサリーは避けるのがマナーですが、真珠を1粒だけ利用したネックレスの場合、チェーンの部分が金属加工で光るようになっているものが多いからです。

パールネックレスの長さ

長さは、40〜45センチ前後のものが手ごろです。またこの長さの場合は、冠婚葬祭いずれの席でも使うことができます。

50センチを超えるものは胸元に長くかかり華やかな印象になりすぎてしまうため、弔事の席では避けるべきです。また長すぎるネックレスは、「悲しみがずっと長く続くこと」を連想させるため控えるべきである、とする意見もあります。

なお、ほとんどの真珠のネックレスは40〜45センチの長さであり、この長さのものがもっともよく販売されています。しかし、人の首の太さによってそれでは長すぎるあるいは短すぎる場合もあります。そのため上記の「基本の長さ」を目安としたうえで、実際の購入時には「ネックレスのトップの部分が鎖骨の上〜鎖骨から珠2つ分下ぐらいの位置」になるように、販売店で調整してもらうようにしてください。

ゆらゆらと揺れてしまうようなネックレスは避けて、胸元に落ち着くデザインのものを選ぶとさらによいでしょう。

パールネックレスの珠の大きさ

真珠の大きさは、7~8.5ミリ程度のものが手ごろです。パールネックレスは、5ミリ刻みになっていますが、小柄な女性なら7~7.5ミリ、大柄な女性の場合は8.0~8.5ミリ程度が平均です。あとは好みにもよりますが、9ミリ以上のものだと華やかすぎる印象になってしまい、葬式の場にそぐわなくなってしまいます。また、7ミリ以下と9ミリ以上はあまり流通していません。

このようなことを合わせて考えると、7~8.5ミリ程度のものがやはり求めやすいといえるでしょう。それ以上の大きさになってしまうと華やかすぎる印象になってしまい、葬式の場にそぐわなくなってしまいます。

ネックレス以外の真珠のアクセサリーについても知っておこう

ここでは主にネックレスのことを取り上げてきましたが、真珠を使ったアクセサリーはそれ以外にもあります。

たとえば、以下のようなものです。

  • 指輪
  • イヤリング
  • ネクタイピン

これらのアクセサリーのマナーも簡単に取り上げていきましょう。

真珠の指輪

1粒だけの真珠を使った指輪ならば葬儀の席でも着けても良いとする販売員さんもおられますが、基本的にはNGでしょう。光ってしまう貴金属は華美な印象となってしまいます。

真珠のイヤリング

イヤリングやピアスは、真珠のものならば推奨されます。冠婚葬祭用にということで、ネックレス+イヤリング・ピアスのセットで打ち出されていることもあります。ただこの場合も、華美な印象になるものは避けましょう。真珠が1粒だけついたものを選び、金具部分が目立たないものを選びます。また、揺れたり、ほかの石が入っていたり、形にデザイン性を持たせたりしたものは避けます。

男性用の真珠のネクタイピン

アクセサリーというと「女性のもの」という印象を抱かれがちですが、男性の場合はどうなのでしょうか。

男性の用いるアクセサリーのひとつである「ネクタイピン」は、真珠のネクタイピンならば推奨しています。ただし、貴金属は光るものは「自分が主役」に見える華美なものですから、避けるべきです。

つまり、貴金属が目立つものではなく、貴金属が隠れていたり目立ちにくかったりする形状・デザインのものを選ぶべきだといえます。男性の場合も女性の場合と同じで、かつ真珠が1粒だけあしらわれたものを選ぶのが基本です。

なおネクタイピンも、黒蝶真珠と白真珠、グレーパールのいずれでも選べます。年齢やパーソナルカラーに合わせて選びましょう。

弔事で「真珠を着けてはいけない」というシーンはある?

葬式の喪服に白いパールネックレスを付けている二人の女性

葬儀の席に推奨されている「真珠のアクセサリー」は、洋装であれば、どんな立場・どんな葬式であっても使っても良いものです。

喪家の立場であっても参列者の立場であっても、真珠のアクセサリーは利用できます。また、葬式の形式は大きく「家族葬」「一般葬」「社葬」に分かれますが、どのような葬式であっても、真珠のアクセサリーを着けていくことができます。

宗教・宗派における真珠

また、どのような宗教の葬式であっても、真珠のアクセサリーは用いることができます。ちなみに特にキリスト教では、聖書によって真珠がもっとも大切な宝石のうちのひとつである、と読み取れる箇所があります。真珠が昔から特別なものとして扱われてきたことが、ここからも読み取れます。

葬式・通夜の席のアクセサリーとして身に着けていくことが推奨されているのは、真珠と結婚指輪だけです。基本的には40~45センチの長さで、8ミリ前後の大きさの珠を配した1連のネックレスを選びましょう。色は、年齢にふさわしいものを選びましょう。

まとめ

神戸市北区と福山市にある呉服・真珠のえり正の店舗

葬式は、大切な人とのお別れの席であり、残された人同士が心を寄り添わせ合う席。もっとも重要なのは誠実に心からお見送りをすることですが、故人とご家族に失礼のないように装いを整えることもまた大切です。

真珠は、どんな葬式のときにでも利用できる非常に便利なものです。1本は手元に置いておきたいものですね。

「関連ページ」
弔事のグレー・黒蝶真珠の購入

弔事の着物・色無地の購入

「関連記事」
【葬式・通夜の喪服】着物の種類やTPO、レンタル、礼服時のメイクやアクセサリーまで徹底解説

【結婚式のパールネックレス】新婦・親族・ゲストの立場ごとのフォーマルな装いマナーをご紹介

【パールネックレスの長さ】結婚式・葬式・七五三・入学・卒業式など、冠婚葬祭に合った長さを徹底解説!

\お気軽にご相談ください」/
お問い合わせ・来店予約はこちら

【えり正 神戸店】
〒651-1221 兵庫県神戸市北区緑町7-20-10
10:00~18:00 火曜・水曜定休
TEL 078-581-0001

【えり正 福山店】
〒720-0822 福山市川口町2丁目10−47
10:00~18:00 火曜・水曜定休
TEL 084-999-0001

【ERISVELINA】
一粒パールジュエリー専門店