デートやビジネス、カジュアルにぴったりなパールペンダントとは?シーン別、パールのコーディネートをご紹介

パールに「フォーマル」「冠婚葬祭」「嫁入り道具」といった印象をお持ちの方もおられるかと思います。

でも一方で、パールの輝きや形はとても優しく、相手に柔和な印象を与えてくれる宝石。ダイヤモンドとは違ったその魅力に虜になったファンも世界中でたくさん存在します。

「真珠が好きだけど、カジュアルシーンに合わないかも…」

「真珠は冠婚葬祭でよく使うけど、ビジネスシーンでも大丈夫かな…」

「真珠はかわいいと思うけど、コーディネート方法がわからないよ…」

なかなかパールジュエリーにチャレンジできない方、必見です。この記事では、パールペンダントのシーン別コーディネート法をご紹介します。

パールは女性の中にあるピュアな美しさを引き出す宝石

ゴールデンパールペンダントトップ

ERISVELINA(エリスヴェリーナ)の無調色パールペンダントは、一般に流通しているパールジュエリーとは少し違っています。

それはパールの自然由来の美しさを大事にしており、どんな場面においても「女性本来のピュアな美しさ」を引き出すことを目的にしたジュエリーという点です。

無調色パールペンダントのコーディネート法を、実際に身につけたいシーンをイメージしながらご紹介していきたいと思います!

 

デートの夜。どんなペンダントを付ければ大丈夫?

シロチョウパールペンダント

顔の印象を大きく左右するペンダントは、デートのコーディネートにおいては特に大事な要素。

ERISVELINA(エリスヴェリーナ)の無調色パールペンダントは、ピュアな美しさの中に程よい存在感があり、デートナイトの主役ジュエリーにぴったりです。

中でもおすすめは、パールらしい色と輝きを放つシロチョウ。

白は、純粋・無垢・神聖といったイメージを持ち、ブライダルシーンでもよく使われますよね。

 

デートナイトはパールペンダント一つで首元に主役感を出して

首元はシロチョウパール一つだけでキラッと輝かせてみてください。視線を一点に集中できて、ジュエリーに主役感が生まれます。

シロチョウはベーシックカラー、暖色、寒色などどんな服の色でも合いますが、特にデコルテが綺麗に見えるようなトップスに合わせると、よりペンダントが強調され美しく見えるのでおすすめです。

 

休日のお買い物。どんなペンダントコーデがおすすめ?

ゴールデンパール

一人でリラックスしながら買い物でもしたい休日。気張りたくないけど、”大人キレイ”は残したい。

そんな時はパールペンダントをカジュアルなコーディネートに入れ込むことで、甘くなりすぎず、ラフすぎない「ちょうどいい大人の品」を出すことができます。

パールは女性らしさやフォーマルな印象が強いですが、最近ではメンズでもパールジュエリーが流行っているぐらい、実はカジュアルにもよく合うんです。

 

カジュアルコーデにはパールペンダントを中心に重ねづけ

おすすめは、パールと相性のいい小さめのダイアモンドやロングネックレスなどを、パールペンダントを中心に重ね着けすること。

1つだとフォーマル感が出てしまうパールを、重ね着けをすることでカジュアルコーデに溶け込みやすくします。

パールの種類は、ゴールデンパールなら気張りすぎずリラックスした雰囲気を出してくれるのでおすすめ。

ジーンズやスニーカーなど、あえてカジュアルな服装に上品なパールペンダントを合わせることで、大人のこなれ感を出してみましょう。

 

 

大事なプレゼン!相手に好印象を与えるジュエリーって?

仕事で大事なプレゼンを控えている日は、コーディネートにも気合いが入ります。

プレゼンは内容だけでなく、表情や身なりによる視覚的印象も大切なんですよね。

 

アコヤパールのペンダントでオフィスカジュアルにプレミアム感をプラス

アコヤパールペンダントトップ

そんな勝負の日には、アコヤパールのペンダントを取り入れていつものオフィスカジュアルにプレミアム感をプラスしてみましょう。

例えば白い無地のブラウスにアコヤパールを合わせれば、パールが艶感を出し、レフ板のような役割をして顔色が明るく見えます。

 

艶やかなクロチョウパールのペンダントで、できるビジネスマンを演出!

黒蝶真珠

グレーやブラックなど暗めの色のトップスなら、落ち着きのあるクロチョウパールでコーディネートに馴染ませつつ、パールの丸い輝きで柔らかい雰囲気や親近感を出してみるのもいいかもしれません。

パールは「邪気をはらい、困難や痛みから持ち主を守る」と言われていて、お守りのような意味を持ったジュエリーでもあります。

絶対に成功させたい大事な勝負の日には、ぜひ願かけとしてコーディネートに入れてみてはいかがでしょうか。

 

パーティのご招待。華やかなドレスアップで、いつもと違う自分へ

シロチョウパールペンダント

お祝いの席や特別な場では、いつもと違う華やかな自分に変身したい。

そんな風にワンランクアップのコーディネートにしたい時は、パールでトータルコーデをして思いきりラグジュアリーな雰囲気を演出しましょう。

ERISVELINA(エリスヴェリーナ)のパールペンダントには、ペンダント枠にも高純度な貴金属が使われているので、ドレスに合わせても劣りません。

 

結婚式やパーティーにはパールを組み合わせたトータルコーデ

装飾もシンプルでパールも程よい大きさなので、他のパールジュエリーと合わせてもくどい印象にならないのも魅力です。

ドレスの色に合わせてシロチョウかゴールデンパールの華やかな色を選ぶのがおすすめですが、結婚式では白は花嫁の色なので、あまり白が強調されないようにコーディネートしましょう。

 

最後に

エリスヴェリーナ

いかがでしたでしょうか。

ERISVELINA(エリスヴェリーナ)のパールペンダントは、このようにさまざまなシーンで使うことができ、合わせ方によって印象もガラッと変わります。

それは、ただ特定の年齢やスタイルに合わせて作られているのではなく、素材本来の美しさを持つ無調色パールが女性の中にあるピュアな美しさを引き出すからです。

無調色パールペンダントを着けることによって、女性がどんなシーンでも内側から自信を持ち、輝けるようになってもらえることを願って。

そんな想いを込めて、手に取っていただける日をお待ちしております。

 

■ERISVELINAのパールジュエリー詳細はこちらから。

■パールシニアアドバイザーとの真珠相談はこちらから。