お葬式の喪服で、着物や洋服で大切なTPOやマナーとは?メイクやアクセサリーにもご注意

年齢を重ねるほど、フォーマルな場所に参列する機会も増えるため、
お葬式にふさわしい着物やパールネックレスを準備しようと考える方も多いでしょう。
洋装の喪服とは異なり、着物は日本人らしい格式の高さを喪服で表すことができます。

お葬式は人生で最も大切な日だからこそ、遺族や参列者は礼装で正しく執り行いたいものです。
ただし、お葬式の喪服を着物で準備するには、一定の知識やルールを押さえておく必要があります。
ここでは、お葬式の喪服を着物や真珠で臨む際の最低限のTPOやマナーをご紹介します。

 

葬式の遺影

 

お葬式の喪服における着物の位置付けとは

お葬式の喪服は、洋装と和装の2種類に分けられます。
着物の喪服は「第一礼装」になり、最も格式が高い礼装です。

どんな高級な洋装の喪服であったとしても、着物の喪服の方が格式は高くなります。
そのため、遺族や2親等までの近しい立場は、参列者に最大の礼を示す形として、
お葬式で喪服で着物を着たほうがよいでしょう。

たとえ親族ではない方でも、故人の関係性によって生前お世話になった感謝の気持ちを示すために、正礼装である着物でお葬式に臨むことが大切です。

 

喪服を着物で準備する時の選び方とは

葬式の喪服

 

喪服を着物で準備する場合、ネットである程度の知識を集めることはできますが、不正確な情報であふれています。

お葬式は人生で最も大切な日です。
故人に徳が無かったと言われないように、正しい知識を持つプロが在籍するお店に相談することが大切です。

 

喪服の種類

喪服には、「正喪服」「準喪服」「略喪服」の3種類があります。
それぞれの格式や用途は次のとおり簡単にご説明します。

 

・正喪服

正喪服とは5つ紋のついた黒い紋付で、最も格式が高い着物です。
そのため喪主や三親等までの親族が、お葬式(告別式)で着用する第一礼装です。
たとえ着物の準備から着用、アフターが大変だったとしても、亡くなった家族や親族のために着ることで、お葬式が厳粛に気持ちのこもった儀礼式となります。

 

・準喪服と略喪服

紋付きの色無地の着物に黒共帯を合わせると準喪服で、お通夜、初七日、四十九日、一周忌まで着用します。
同じく色無地に色共帯を合わせた略喪服は、一周忌から三回忌までがよいでしょう。
喪主や2親等までの遺族はどちらかの着用を推奨されています。

 

・弔事の色無地の「色」と「紋」の選び方

色無地は慶事も弔事にも活躍する万能選手ですが、弔事には派手な色は避けたほうがよいでしょう。
明度や彩度が高い色目ではなく、少し落ち着いた色を選びいただくことが大切です。

着物は、家紋や女紋が付き、ご先祖様を背負い、一族を代表すると言う意味を持つから礼装となります。
紋付きではない着物は全て、カジュアルになるので注意が必要です。

着物の種類やその柄の配置だけでフォーマルかどうかを判断し、紋について言及しない店やまとめサイトが増えていますので、相談する相手をきちんと選んでくださいね。

 

・着物の喪服のレンタルについて

喪服を着物で準備しようと考える際に、購入とレンタルの2択で考える方も多いでしょう。
しかし、喪服のレンタルはおすすめできません。

なぜならば、レンタルの場合は「他の誰か」が着たものであり、他の人の葬儀で着用されていたことになります。
そうすると、「他人の不幸を持ち込む」ことになってしまうため、レンタルを避ける方も多いようです。

また、レンタルをしても結局は肌着や足袋など直接肌につけるものは購入しなければなりません。
そのため、何度も着用するのであればご自身で購入して準備をしておくことが得策と言えるでしょう。

 

喪服で着物を着る際に知っておくべきTPOマナーとは

家族の葬式

お葬式の喪服で着物を着る際には、いくつかのルールがあります。
格式の高い和装をするからこそ、マナーやTPOを押さえて適切な装いを目指しましょう。

 

・季節に応じて着用する着物とは

洋服を季節で使い分けることと同じように、着物も季節によって使い分けをします。
夏には風通しを良くした「薄物」を着用し、6月や9月などやや暑い時期には裏地を除いた「単衣」を着用します。

また、10月から5月は裏地のついた「袷」を着用するのが正しいこととされていますが、最近の気候変動で10月や5月も暑いため単衣でも大丈夫です。
反対に単衣をお持ちではない方は、6月や9月でも葬式会場にエアコンが効いていれば、袷をご着用いただいても大丈夫です。

TPOを守り体調不良を防ぐためにも着物も季節で使い分けるようにしましょう。

 

・喪服に合わせる帯に注意

お葬式で着物を着る際には、合わせる帯にも注意が必要です。
格式の高い着物には袋帯を合わせることが一般的ですが、
喪服の着物では黒共帯と呼ばれる一重太鼓の黒色の名古屋帯を合わせます。
そして、帯に合わせる帯揚げや帯締めも黒を選びます。

 

・着物の着こなしは慎ましやかにする

お葬式の喪服で着物を着る際には、着こなしにもマナーやTPOがあります。
「慎ましやか」に着こなすことを意識し、小物の装着や派手なメイクは避けましょう。
また、肌の露出も控えるようにするために、襟袷は半襟を1.5㎝ほど出して、後襟は指3本ほどの抜きに留めます。

 

喪服を洋装にする場合のポイント

グレーパール

 

・お葬式にふさわしい洋装コーディネートとは

着物ではなく洋装でお葬式に参列するという場合には、黒いワンピースやアンサンブルなどを選ぶことが一般的です。
洋装の場合にも「慎ましやか」に着こなす意識を持つことは和装と同じです。

黒のストッキングと黒の靴、黒のバッグを合わせますが、
殺生を連想させる「皮製品」はできるだけ避けることが大切です。

喪服の洋装では、首や腕、足などの「肌の露出部分を最小面積に抑える」ことがマナーとされています。

 

・洋装のメイクとアクセサリー

メイクは控えめを意識し、結婚指輪以外のアクセサリーは外しましょう。
ただしパールネックレスとイヤリング(ピアス)は、故人や参列者に涙を伝える礼装とされています。

真珠は着物の代わりとなる唯一の略礼装です。
着物を着られない場合は年齢に応じたパールネックレスを身につけて参列することが大切です。

 

まとめ

お葬式で格式の高い着物を着用することは、故人や参列者への敬意や思いを表すことができます。
突然の別れは辛いものですが、葬儀用の喪服として着物が手元にあれば慌てずに別れの準備を行うことができます。
えり正では喪服や真珠の販売だけでなく、お仕立てやコーディネートのご相談、お手入れまでサポートさせていただきます。

 

●お葬式にふさわしい喪服についてはこちらへ。

●お葬式にふさわしいパールネックレスはこちらへ。